検査内容

近年、獣医療の目覚しい進歩やペットフードの改良、予防の確立などによって動物たちの寿命が延びています。それに伴い動物たちにも人と同じように腫瘍や心臓疾患、腎疾患などいわゆる高齢病が死因のほとんどを占めるようになりました。
ただでさえ、もの言わぬ犬猫たちは人の約7倍ものスピードで年を取り、気づいたときには取り返しのつかないほど病気が進行していることが多いものです。そこで早期発見、早期治療が重要になってきます。
当院ではそのような状況に対応すべく予防検診プログラムを開設することに致しました。
あとで後悔しないためにも定期的な検診をおすすめします!
 

一般身体検査  被毛・皮膚 / 眼/耳 / 鼻・喉 / 口唇・歯・歯肉 / 骨格・筋・歩様 / 肛門腺 / リンパ節 / 腹部 / 心音 / 肺音 / 神経系
尿検査 試験紙法:色調、比重、pH、尿蛋白、尿糖、潜血、ビリルビン、ケトン体などを調べます。
顕微鏡検査:結晶や細菌の有無など詳しい尿成分を顕微鏡で確認します。
糞便検査

寄生虫の有無や消化状態などを調べます。

血液検査 腎疾患BUN、Cre、P、Ca
肝疾患GOT、GPT、ALP、TP、Alb
黄疸Tbil
糖尿病や重度感染Glu
高脂血症CHOL、TG
炎症や感染・貧血CBC
血圧測定 腎疾患や心疾患、ホルモンの分泌異常で高血圧が認められます。また高血圧であることによって様々な障害をうけます。
レントゲン検査 レントゲン検査により胸部・腹部の異常を検出します。
超音波検査 レントゲンでは発見しづらい心臓の形態異常や機能低下、腹部の腫瘍、膀胱結石など異常を発見することができます。

 コース紹介

Aコース 一般身体検査 / 尿検査 / 糞便検査 / 血液検査 / 血圧測定 /
レントゲン検査(胸部3方向・腹部) / 超音波検査(心臓・腹部)
Bコース 一般身体検査 / 尿検査 / 糞便検査 / 血液検査 / 血圧測定 /
レントゲン検査(胸部3方向・腹部)

Cコース

一般身体検査 / 尿検査 / 糞便検査 / 血液検査 / 血圧測定

 健康診断受診時の注意事項

・完全予約制になります。
・混合ワクチン、ノミ予防、フィラリア予防(犬)を行っていることが条件になります。
・受診当日は10時に御来院下さい。
・前日の夜7時以降の食事はお控え下さい。
・当日は尿検査および糞便検査用の尿と便をお持ち下さい。
(院内にて採尿できる場合もありますが、基本的に当院での採尿・採便処置は行いませんのでご了承下さい。)
・検査結果を一冊のファイルにまとめて後日ご郵送させていただきます。
・動物の状態によっては獣医師の判断で検査をやむを得ず中止する場合がございます。
・追加検査をご希望の方は当日受付時にお申し出下さい。
・体格によっては追加費用が発生する場合もありますのでご了承下さい。
・検査当日の(検査以外の)診察は実施しておりませんので、
 改めて一般診療時間内での診察をお願い致します。

追加検査
(別途料金)
猫ウイルス検査(猫エイズウイルス・猫白血病ウイルス検査)
猫伝染性腹膜炎ウイルス検査
猫甲状腺ホルモン検査(T4)
犬甲状腺ホルモン検査(T4、FT4、C-TSH)
副腎皮質機能検査(ACTH刺激試験)
尿蛋白・クレアチニン比