FAQs

Q&A集

 犬・猫の去勢・避妊、歯石除去等の手術について

はい、必要です。

その子の健康状態のチェックも兼ねて診察を受けて頂いた上で、ご予約日時を決定します。また、手術前日・当日の食事、飲水、受付時間に関する「術前注意書」及び「手術・入院に関する同意書」をお渡し致します。

まずは獣医師の診察が必要となります。

通常は診察の中で手術日を決定いたしますが、飼い主様のご予定がはっきりしない場合は、後日お電話にて獣医師と日程調整していただくことも可能です。

はい、入院になります。

去勢手術の場合は原則として手術日を含めて1泊2日、避妊手術の場合は2泊3日の入院となります。歯の処置に関する手術の場合は原則として手術日を含めて1泊2日の入院となります。然しながら、状態によっては入院日数が長くなる場合もあります。

はい、できます。

手術室前にてガラス越しの立会いが可能です。手術室への直接の立ち入りはできません。当院では手術時の飼主様の立会いを極力お願いしております。また手術内容によっては獣医師から積極的にお願いする場合もありますが、獣医師からの要請がない場合は、飼主様のご希望とさせて頂いております。また、待合室にて待機される事も可能です。

はい、できます。

原則として一般診療時間内にご面会頂けます。(「診療時間」をご参照下さい)
然しながら、手術当日とお預かりしている子の状態により(興奮しやすい等)、獣医師の判断でお断りせざるを得ない場合もございますのでご了承下さい。
診察券を提示して受付に声をおかけ下さい。病院が混雑している場合は、すぐにはご面会の準備が整わない場合がございます。また、獣医師とのお話をご希望の方は受付時にその旨をお申し付け下さい。その場合は通常の外来診察受付と同様の順番でお待ち頂くことになりますのでご了承下さい。

一般診療時間内であればいつでも結構です。

診察券を提示して受付に声をおかけ下さい。なお、入院のご精算を先にお願いする場合がございます。また、獣医師より症状等についてご説明させて頂きますので通常の外来診察受付と同様の順番でお待ち頂くことになりますのでご了承下さい。

はい、できます。

なるべく応対させて頂いておりますが、診察時や手術時は獣医師の応対が難しい場合もございます。その場合こちらから折返しお電話させて頂く場合もございますのでご了承下さい。

はい、各種クレジットカードをお使い頂けます。

UC・UFJ・NICOS・JCB・AMEX・VISA・MASTER 他
但し、大変申し訳ございませんが、一括支払のみのお取り扱いとなっておりますのでご了承下さい。

はい、ほぼ同じ手続きです。

但し、費用については手術や入院の内容によって異なりますので、予めお尋ねください。(概算をお答えいたします。)

 狂犬病登録手続き代行サービスについて

4月~8月です。

毎年4月~8月の期間に当院で狂犬病ワクチンを接種された場合手続きの代行をさせて頂きます。

川口市のご住所の方になります。

それ以外のご住所の方は、恐れ入りますが狂犬病接種証明書を発行致しますのでお住いの各自治体での手続きをお願い致します。

「愛犬手帳」と「集合注射案内はがき」です。

「愛犬手帳」(黄色)と市からの「集合注射案内はがき」を狂犬病ワクチン接種日にお持ち下さい。

封書でご自宅に郵送いたします。

代行手続き終了後に愛犬手帳及び鑑札を封書でご自宅に郵送致します。その発送をもって手続き終了の案内とさせて頂いております。

 処方食やシャンプーについて

獣医師の診察が必要です。

獣医師の処方が必要となりますので、まずは獣医師の診察が必要です。

 フィラリア予防薬について

毎年事前に血液検査が必要です。

当院では基本的に毎年、予防薬を飲ませ始める前に、前年度の予防効果を確認するための血液検査を実施させて頂いております。その検査結果を踏まえてその子の体重に適した予防薬を処方致します。

 ノミ・ダニの予防薬について

獣医師の診察が必要です。

獣医師の処方が必要となりますので、まずは獣医師の診察が必要です。

手術・入院について詳しくはこちらから
※その他ご不明な点がございましたら、お電話にてお問い合わせ下さい。