COMMON DISEASE

よくある病気

 椎間板ヘルニア

 症状

元気がない、動きたがらない、呼んでも来ない、食欲がない、どこかを痛がっている等が初期の症状です。進行すると立てない、動けないなど下半身麻痺の症状となります。ダックスフンド・ビーグル・コーギーに非常によく見られる疾患ですが、他の犬種でも起こります。
椎間板ヘルニアの重症度は5段階に分類されます。グレードⅠ~Ⅲまでは4本足で起立できますが、Ⅳ~Ⅴは後肢が麻痺していて立つことができません。

 原因

脊椎の椎間板物質が脊椎腔内に逸脱し、脊髄神経を圧迫することにより激しい痛みと麻痺を起こします。ソファーやベッド等に飛び乗ったり飛び降りたり、他のワンちゃんと遊んだり暴れたり、フローリングで滑って転ぶなど、背骨に負荷がかかった時に起こります。肥満や腹筋背筋が脆弱であるとリスクが高くなります。

 検査

臨床症状や、踏み直り反射、後肢の痛覚の有無など、各種反応とレントゲン検査で診断します。確定するためにはCTやMRI検査が必要になりますが、それらの検査は全身麻酔が必要なため手術を必要とする重篤な場合に行います。

 治療

比較的軽症のグレードⅠ~Ⅱの場合は、絶対安静な状況下で1週間以上様子を見ます。多くの症例はこの治療で改善がみられ、手術をせずに済みます。稀に症状が悪化し手術が必要になることもあります。
グレードⅢは絶対安静で様子を見るか、手術をするかその状況で判断します。
グレードⅣ~Ⅴは早急に手術を必要とします。
肥満や筋力の低下が見られる場合は、再発防止のために生活習慣の改善が必要です。