COMMON DISEASE

よくある病気

 免疫介在性溶血性貧血

 症状

重度の貧血により、食欲、元気がなくなります。血色尿が見られることもあり、フラフラした足取りになります。突然発症します。

 原因

何らかの刺激により、免疫システムが崩れた時に起きます。自分の身体にある免疫細胞が、血管内の赤血球を異物と見なし攻撃します。攻撃された赤血球は破壊され貧血になります。つまり自分の免疫細胞が、自分の赤血球を外敵と勘違いをして破壊するということです。因みに、ターゲットが血小板になることがあります。その場合は、免疫介在性血小板減少症となり、皮膚に紫色の斑点が出ます。皮下出血を起こしているのです。両方同時に起きることも稀にあります。これをエバンス症候群といいます。

 検査

血液検査で診断します。腫瘍などに伴って発症することもあるので、レントゲン検査やエコー検査も行います。赤血球の表面に免疫反応を起こす印が付いていないかどうかの検査(クームス検査)を行うこともあります。

 治療

主な治療は、勘違いをしてしまった免疫システムを落ち着かせるといった治療です。ステロイド剤、免疫抑制剤等の薬剤を使用します。重症例の場合は入院治療が必要になります。免疫システムが、自分自身の細胞を外敵とみなす根本原因に対しては、食事療法を行います。